煽り運転と煽らせ運転から身を守る方法

煽り運転

2020年6月より道路交通法が改正され、いわゆる「煽り運転」と呼ばれる運転の厳罰化が施行されました。これにより街中の煽り運転は大幅に減ったと思います。しかし一方、別の問題が出てきました。それがわざとゆっくり走り煽り屋を陥れる「煽らせ屋」の出現です。

一発取り消し!煽り運転の厳罰化

2020年6月30日よりいわゆる「煽り運転」の厳罰化が施行されました。

以下警視庁HPより抜粋:

令和2年6月30日から、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うことは、厳正な取締りの対象となり、最大で懲役3年の刑に処せられることとなりました。

また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑に処せられることとなりました。

さらに、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることとなりました。

というわけで、罰金だけではなく、懲役刑、免許取り消しというとんでもない重罪扱いされることが確定しました。これは皆さまご存じ、常磐道のあの事件から法改正が進んできた物と推察されます。

↓・・・確かにこれは外に出してたらやべーレベル。

あおり運転 宮崎文夫容疑者

煽り運転の厳罰化で街中はどう変わったか

個人的な体感では、以前ほど煽り運転と呼ばれる物は見なくなったと思います。

また、リアガラスに「ドライブレコーダー録画中」というステッカーを貼り、べた付してくる車に警告を与えている車も増えてきました。これにより煽り運転を常習的に行っていた運転者も相手から自然と距離を置く様になってきている様です。

ちなみに余談ですが、私の住んでいる街は割と交通ルールなんてあって無いような物で、一時停止は止まらない、踏切で止まったら後ろから追突される、三車線イエローカット(図参照)なんて当たり前の出来事として周知され、交通無法地帯と化しています。

三車線イエローカットワープの図

警察もパトロール人数がいないのか、機能していないのか、とにかく昔から事故や違反は多い土地柄で交通無法地帯となっております。

でも見えない所でシートベルト検問やネズミ捕りはしっかり行い、反則金収益を上げているようです。

逆に増えてきた「煽らせ屋」

「煽らせ屋」とは

制限速度以下でわざとゆっくり走り(煽らせ運転)、相手の車が車間距離を詰めてきた所をリアモニターで録画し警察に提出するといういわゆる自称正義マン、他称「パブリックエネミー」な人の事を指します。

また、動画等をYoutubeに上げて広告収入を得ている煽らせ屋もチラホラと見ます。

制限速度以下で走っている人間が全員煽らせ屋というわけではなく、外からは安全運転の為にゆっくり走っているか、悪意を持ってゆっくり走っているか見分けがつきにくいのがポイントです。

煽らせ屋と安全運転の違い

煽らせ屋は、その運転自体がいわゆる「普通と違う」ので割とすぐわかります。

  • 前が詰まっている訳ではないのに法定速度を大幅に下回る速度で運転
  • 前方信号が黄色になる直前にスピードを異常に出し通過
  • 蛇行運転(違反)
  • 理由もなくブレーキを踏み速度を大幅に落とす(違反)

上記の特徴に加え、リアガラスに「ドライブレコーダー録画中」とかのステッカーを貼っていたらもう確定です。間違いなく煽らせ屋です。

一方単なる安全運転は全体的に動きがノロノロ・トロトロしているので上記の様な極端に〇〇するという行為はしないです。

特に高齢の方は年齢のせいで反射神経も視力も落ち、急な動作も肉体的に不可能なため、リスクコントロールの一環でゆっくり走ります。高齢の方は免許再取得も難しいですし、違反をしたくないというのもあるのでしょう。

煽らせ運転は違反行為です

2020年6月から、煽り運転に対する厳罰化が施行されました。

これで増えてきた正義マンの煽らせ屋。相手を一発面取に陥れる恐怖の輩。

コロナ禍では「自粛警察」と呼ばれる正義感が暴走した方がいましたが、あれの道路バージョンです。

一方で煽らせ運転をしている人間に罰則はないのかというと

「追い付かれた車両の義務違反」

という違反があります。

道路交通法第27条
法定速度未満で走行している場合に、後続車に追いつかれた場合は、できる限り道路の左側端に寄って、進路を譲らなければならない。

また高速道路には「最低速度」という速度基準があり、これを下回ると最低速度義務違反という事になります。高速道路では50km/hと定められています。

煽らせ運転から身を守る

煽り運転から身を守る方法はいくつか紹介されていますが、煽らせ運転から身を守る方法はあまり聞いたことがありません。前述の道交法第27条でも検挙された例を知らないのです。

結局のところ、煽らせ屋からは自分で身を守るしかありません。

複数車線で右側車線を法定速度以下でトロトロ走っている車に遭遇した場合は、ドラレコに録画したものを警察に提出し、道交法27条違反という事で検挙できるか試してみてください。

一方、抜くに抜けない片側1車線の道路での対処はこんな感じになるのかなと思います。

車間距離を保つ

これは基本中の基本で、近寄らない関わらないを肝に銘じて運転しましょう。悪意をもってあなたを陥れようとする輩に理屈は通用しません。彼らは自称正義なので、自分のやっている事こそが法であり正義なのです。

制限速度を大幅に下回る速度も、意味不明な急ブレーキも、悪を倒す正義の名のもとに許された正当な行為なのです。彼らの中では。

自分の運転に対し力で向かってくるものはこれ全て悪。

こういう思考ですので、物理的に距離をとるのが一番かと思われます。

別の道を通る

前にトロトロ走っているだらしない車を見ると、煽りたくなる気持ちは分からないでもないですが、ここで大事なのは

貴方が煽った所でスピードを上げるとは限らない

という事です。相手の行動をあなたが制御することはできません。

正義マンに対してはむしろ煽られることで自分の正義感を満たせるので相手の思うつぼです。

また、単純に安全運転をしている方はスピードを出す理由が無いので、あなたが何故煽ってきているのか理解できず、パニくって余計スピードを落とす事でしょう。

それが長い時間続くとストレスにもなりますし、別の事故を起こさないとも限りません。

これに対する対策の一つとして

「見なかった事にする」

つまり別の道を走ればあなたのイライラも消えます。煽った所で貴方の視界から消える訳は無いのですから、あなたが別の道を走り、視界から消せばいいのです。

一車線では違反覚悟で抜く

この方法は最終手段としてありますが、そこまでして前車を抜かなければならない状況ってどんな状況でしょうか?親が危篤とか?

はっきり言いますがやめたほうがいいです。

参考情報としてですが追い越し禁止違反は罰金9000円です

ドライブレコーダーで録画する

例えば60km/hが法定速度の道路で40km/hで走っている車がいます。

これをドライブレコーダーで録画したものを警察に持っていき動画を見せ、道交法第27条で検挙できるか試してみるのも面白いかも知れません。

その前にあなたがべた付けなどの煽り運転をしていない事が前提になりますが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました